欲求不満の主婦と親友の絶倫デカチン旦那の濃厚セックス体験談

私は30歳の主婦です。
5歳年上の主人と官舎で暮らしています。
結婚して4年になりますがまだ子供はいません。
子供が出来るまではと私も結婚前から勤めている会社で働いています。
でも、元気だった主人が二年前から何だかおかしな様子になり、とうとう鬱病で入院してしまいました。

でも養生のお陰で今は月に一度診療内科に通いながらは働いてくれています。
そんな訳で元々淡白だった夜の生活はもう1年ほどありません。
私は欲求不満になってオナニーで誤魔化してはいますが、正直もう限界でした。
そんな状況の私に良いお話がありました。

私の高校時代の親友のマリが近くに住んでいます。
居酒屋で一緒に飲んだ時に夫婦生活の愚痴をこぼすとマリが聞いてくれました。
マリが言うには逆のパターンで、ご主人が精力絶倫で毎晩のように求めてくる、と言うのです。
子育てで疲れているのにお構いなしだそうです。
それに稀にみる巨根で痛くて痛くて相手をするのが嫌だと言うのです。
このお話しには吃驚してしまいました。

そしてマリが思ってもいなかった提案をしてきたのです。
「サチがそんなに深刻に悩むなら私が協力してあげる。うちの旦那で良ければ貸そうか?うちの旦那も凄くしたがっているし、他の女と浮気されるくらいならサチとしてくれた方が私も安心だし・・・。それにサチも他の男と浮気してバレたら大変でしょ?」私は予想もしない彼女の提案に言葉を失いましたが彼女の強い勧めもあり、お願いすることにしました。
暫くすると彼女からの電話があり、「うちの旦那も全て理解してくれたからいつでも平気よ」と連絡がありました。

その数日後、私は主人に、「マリのうちに行ってくる」と言うと、主人も、「たまにはのんびりしておいで」なんて優しく言ってくれました。
私はマリのうちに入るとドキドキで彼女の旦那さんと対面しました。
何度も会っているのですが、これからHをする、しかも親友の旦那さん、となると緊張します。
マリは、「私は実家に行ってるわ。済んだらメールして」と明るく子供と一緒に出て行きました。

それからは彼女の旦那さんと少しお酒を飲んで、緊張がほぐれたところでシャワーを浴び、寝室で男女の営みが始まりました。
マリが言うように旦那さんのあれは大きかったです。
私の主人の2倍はありました。
こんな巨大なものが入るかしら?と心配しました。
太さもありお口に含むと顎が外れそうでした。
旦那さんも心配してくれて、私のあそこを舌で丹念に愛撫してグチョ、グチョに濡れてから、少しずつ入れてくれました。

でも、亀頭の部分が入ると、「あぁ・・壊れる!!」と、思ったほどでした。
でも、最初は痛かったのですが、徐々に慣れてくるとその痛みが快感に変わっていったのです。
子宮を突き上げられる快感は初めての体験でした。
旦那さんの大きなカリが子宮を刺激し、私は身が蕩ける快感ですぐにイってしまったのです。
2時間くらいの間でしたが、彼は私に優しくしてくれて、私は数え切れない程連続で登りつめました。
余りの快感に気が狂いそうでした。
こんないい気持ちなのに、マリが嫌がるのが理解できませんでした。
終わると私はマリに、「ありがとう、感謝するわ」とメールを入れて何事もなかったかもように帰宅しました。

それからは月に2回ほど、マリの旦那さんにお世話になっています。
彼女も話を合わせてくれて、うちの主人に会った時は、「先日はサチを遅くまで引き止めてすみません」と挨拶してくれています。
お礼という訳ではないですが、彼女に用事がある時は私が子供のお世話をしてあげています。
おかしな夫婦ですが、考えてみればお互いに足らない所を補充しあっています。
世間にご迷惑を掛ける訳でもありませんし、夫婦が円満に仲良く生活できれば問題はないと開き直っている私です。

本日発売!Fカップ女子大生、日菜々はのんがデビュー!

新人NO.1STYLE日菜々はのんAVデビュー
新人NO.1STYLE日菜々はのんAVデビュー