【寝取られ】彼女が目の前で巨根の黒人達にめちゃくちゃにされた【Part3】

「あ!!!!おっきいぃおっきいぃ!!!!あん!!!!凄いぃ!!!!あぁ当たるぅぅぅ!!!!気持ちぃぃ!!!!!!!あぁぁぁ!!!!」ボビーの腰の動きは、先程のセックスの時から衰えるどころか、明らかに激しさと力強さを増していました。

リズムは速くなり逆にストロークも大きくなっているように感じました。

そして腰を下からシャクリ上げるように突き上げると、「あっっっ!!!!!あぁぁぁん!!!!あぁぁぁぁん!!!!」…と、そらは敏感に(そこが感じる所です)反応してしまう為に黒い肉棒で、面白いように責められてしまうのでした…「あっ!!あっ!!!!!!!!あっ!!あっダメ!!!!!!!!!イッち?ゃう!!!!!!あっ!!!!あっ!!!!」そらはトランス状態にあるようでした。

ボビーの首に自分の腕を回してディープキスを始めたようです。

「あぁぁ…チュ!!…凄い大っきい!!!!!!!きもちぃぃああ…もうダメッ!!!!チュッ!!」そのとき、物音がして…シャワールームの扉がガラッ!!と開いたのです…。

そして、そこに立っていたのは…タオルを腰に巻いた黒い肌の黒人モデルのボビーだったのです。

僕は痺れる頭で必死に理解しようとしました…。

どうなっているんだ!?今どうなっているの??…すぐには状況が理解出来ませんでした。

ボビーは「タノシンデル??オフタリサン!!!」とベッドの二人に向かって言いました。

「この女!!!最高だよ!!!」とベッドの上の男が、そらの身体を抱き寄せるように起き上がりながら言いました。

そらはその男の首に両手を回して抱きかかえられるように対面座位になりました。

「あぁあん!!!」肉棒の挿入角度が変えられたそらは、叫び声を上げました。

彼女は白いタンクトップを捲られて自慢のオッパイがむき出しにされた状態でした。

そのむき出しになっている、おっぱいをその男に掴まれて、変形させるように揉まれていたのです。

そして、僕の目の前にその男の背中が見えました。

その黒い背中には一面に大きなコブラがTatooがあったのです。

そのコブラは獲物を捉えるように、こちらに飛びかかって来るような恐ろしい柄だったのです。

今まさに目の前で、僕の彼女のそらの膣に黒い肉棒を抜き差ししていたのは、ボビーとは別の黒い肌を持つ男だったのです。

確かに背中をよく見るとボビーよりも体格は小さいですが、長身で引き締まった褐色の筋肉については、ボビーよりも強靭で鎧のように見えました。

そして、流暢ななまりの無い日本語を話していたのです。

「そらちゃんのおま○こ!!最高だよ!!相性もばっちりし!!ね!!!」というと同時、にそのコブラ男が下からそらの膣を突き上げました。

「ああああああんん!!!!」不意をつかれたそらは、顎を上げて叫びました。

そしてその男は腰を振りながらそらに聞きました。

「どう!?俺のおちんちんの味は??」そらも何かに取り付かれたように叫びました…「あん!!気持ちいい?!!!気持ちいい?っ!!!はぁはぁ…もう…ダメッ…大っきすぎて…きついのぉ…」背中にコブラのTatooを背負った、短髪の黒人に下から突き上げられ、そらはおっぱいを上下に揺らし頭を左右に振り、迫り来る快感と戦うように喘ぎ声を上げました。

「あぁぁ!!気持ちぃぃ!!!大っきい!!!気持ちぃぃ!!!あん!!!!あん!!!!あん!!!!」自分からもその男の肉棒を膣に迎え入れるように腰を振りながら叫びました。

「そらちゃんって、ほんとに、いやらしい身体してるよね!!!おっぱいも大きいし!!!」その黒人は腰を上下に振りながら、自分の目の前で悶えている、そらの全身を舐めるように眺めながら言いました。

そらの乳首を口に含み舌先で舐め、右手でおっぱいを掴み乳首を指先で弾いています。

このコブラ男はボビーよりも明らかに動きが激しくベッドが大きく揺れていました。

こいつは誰なんだ…なんでここにいるんだ…僕は朦朧とする意識の中で必死に考えました…。

僕の悪夢は、まだまだ続いていたのです。

僕にとって大切な人である、彼女のそら(仮名)を黒人モデルのボビーに抱かせる事を了承してしまった、自分自身を責めました。

その大事な彼女の僕にしか見せない痴態をボビーに寄って、友達や見ず知らずの男達にまで、さらけ出されてしまったのです。

僕のボビーに対する敵対心は満タンになり爆発しそうでした。

しかし…僕自身もボビーに飲まされた麻酔系のドラッグのおかげで身体が麻痺状態になってしまったのです。

そして何時間眠っていたのか解らず意識が戻った僕は、目の前で起こっていることを理解するのに時間が掛かりました。

ぼんやりと見つめる目の前のダブルベッドの上で、そらが黒い肉棒を挿入されていたのはボビーとは別の黒い肌の男だったのです。

いつの間にか僕とそらの部屋に上がり込み…そして、今まさに…大切な彼女と何の遠慮もなく、激しくセックスをしていたのです。

この黒人は腰の動きもダイナミックでパワフルな動きをし、ダブルベッドを大きく上下に揺らして、そらの膣に自分の肉棒を抜き差していたのです。

喘ぎ声を上げている、そらの様子を見ると…彼女も一旦シャワーでも浴びたようでした。

白い部屋着のタンクトップを首元まで捲られ、Gカップの美乳の膨らみが強調されて見えました。

今見ているセックスに至るまでの過程は、意識を失っていた僕には知りえない状況でした。

男女の誰もが羨むような、そらのオッパイをこの黒人がどのように愛撫したのか…そら自身が気に入っていた…艶のあるサテン地の黄色のパンティをどのように脱がされ、どんな風にそらのピンク色の割れ目を愛撫をしたのか…濡れたそらの割れ目を…舌を使って舐めたのか…黒い肉棒をどんな風にそらの膣に挿入したのか…そらはどんな風に感じ喘いでいたのか…その詳細は、この黒人とそらにしか分からない事でした。

また、背中一面にコブラのTatooのある、この黒人が何処の誰なのかも…この部屋の中で僕だけが知らなかったのです。

僕自身は、なさけない事にソファーの上で横になり、鉛のような重い体で寝返りをうつことも出来ずに、痺れる頭で朦朧とした…意識だけがある状態だったのです。

目だけを動かし、部屋の中をゆっくり見回してみるとテーブルの周りには、黒人モデル達のプロフィールが書かれた写真入りの書類が何枚も床に散乱していました。

その中に1枚だけテーブルの下に落ちずに、グラスの蓋をするように残っているプロフィールがありました。

「あぁぁん!!!気持ちいい!!あぁぁあ凄い…ダメッ!!あぁぁあっぁぁ!!!気持ちいい!!!!」その間にも、僕とそらが昨日の深夜まで愛し合っていたダブルベッドの上で、そのそらがコブラのTatooの男の肉棒を突き刺され、大きく喘いでいました。

シャワールームから出てきたボビーは、僕の専用の白いバスタオルを腰に巻き、缶ビールを旨そうに飲みながらベッドの上に腰を下ろし、ダブルベッドを揺らして、激しく繰り広げられる、コブラの黒人とそらのセックスを微笑みながら眺めていました。

そらは対面騎乗位で小さな身体を激しく上下に揺らしながら、コブラ男の首に両腕を絡めて、きつく抱きつきながら喘ぎ続けていました。

「あぁ!!!!凄い!!!気持ちいいあぁぁぁ!!!イッちゃいそぉ!!!!!あぁぁダメッダメ気持ちいい!!あぁぁ…気持ちいい!!!イクッ!!」またイキそうになって悶えているのです。

コブラの男は腰の動きを緩めながら、そらの顎を黒い大きな右手で乱暴に掴むと自分の方に顔を向けさせて言いました。

「ダメだろう!!簡単にイッちゃぁ…もっと楽しませてくれよ!!!!!」と言いながら、そらのピンク色のプクッとして厚めの唇に自分の唇を押し当て、ゆっくりピストン運動を続けていました。

「うぅぅん…うぅぅん!!」そらは自分の膣から伝わるコブラ男の肉棒の強烈な刺激に耐えながら、彼の舌を自分の口の中に迎え入れていました。

そらの胸の上で捲られた白いタックトップから溢れ落ちそうな86センチの美乳をコブラ男は5本の黒い指で、柔らかさを確認するかのようにゆっくり優しく揉みながら、そらの唇に差し込んだ自分の舌で、そらの小さな舌を舐め続け絡め合っていました。

舌を絡めながらも、この黒人は、そらのお尻を両手で掴んで自分の肉棒を中心に、そらの股をパシン!!パシン!!と打ち付け続けたのです。

その動きで肉棒は、そらの膣の最深部に突き刺さっているようでした。

そらは唇を合わせていることに我慢出来ずに、彼の唇から離すと大きな声で叫びました。

「うぅーーーん!!!!!!凄ぃダメッ!!あぁあん!!!!はぁ!!ジョージ!!凄ぃぃ…イッちゃうよぉ!!!あぁぁん!!!!また!!!!!イッちゃうぅぅぅ!!!」そらはコブラ男の肩をきつく掴みながら…今日何度かの深い絶頂に達したのです。

「あぁっっっっっっ!!!!イクーーーーッ!!!!!!いやぁぁ!!!!あぁぁぁあぁ!!!」そらは顎を突き上げ、首を突っ張り何本もの筋を作り、身体を大きく振るわせ声を上げてイカされました。

「もう、イッちゃったんだ!?早ぇな…ははは。そんなに良かった??」コブラの男が言いました。

そらはコブラ男に身体を預けるように抱きつき、全身を大きくビクンビクンと振るわせながら…「はぁはぁ…凄い…はぁはぁ…気持ちいぃぃ…凄く良いのぉぉ…はぁはぁ…」まだ膣の中にある、黒人の肉棒を感じながら、そらは息を整えるように息を漏らし、ゆっくりと絶頂を感じた身体をベッドに倒していきました。

そらは寝返りをうちベッドの上で全身を自分の両手で撫でるように触りながら身体を振るわせていました。

そして、そんなそらを見ていたコブラ男は、のどが渇いたらしく「ビールビール!!」と言いながらベッドを降りて来て、テーブルの上の缶ビールを取りました。

そのコブラ男はボビーより年齢的にも若く20歳前後の若い黒人でした。

身長は180センチくらいあり短髪で耳にピアスを3つあけて、左の乳首にもピアスを開けていました。

黒い肌の右胸と左の腿には、サソリのTatooがありました。

そして、目には黒い肌の顔には似つかない、薄いブルーのカラコンを入れていました。

その青い両目が異常なほど、彼の表情に冷たい印象を与えていました。

顔の作りはK-1ファイターの魔裟斗に似ていて、悪いことは全てやってきた…というような鋭い目つきで、迫力のある肉食動物系の顔でした。

しかし、唇や鼻は黒人特有の物ではなく、整形手術でも施したのか…スッキリと整った、ハッキリ言って、かなりの上質なイケメンの若い黒人だったのです。

きっと、こいつもモデルなのだと理解出来ました。

そして、身体の線も痩せ形で、ボビーよりも引き締まった筋肉で覆われた黒い身体をしていました。

そして…なぜ、ボビーがこの男をこの部屋に呼んだのかが、彼の股間に目を移した時に解りました…。

このコブラ男の股間にも目を疑ってしまうような…黒く太く長い肉棒が存在していたのです。

それはボビーの巨大な肉棒より一回り大きく見えていました。

この若い黒人の方が肉体が締まっているためなのかもしれませんが、十分過ぎるほど黒く大きくその存在をアピールするように、堅くそびえ立って見えました。

そして形は男の僕が見ても、バイブの型にでもになりそうな綺麗な形をしていて、絶品と思えるほどでした。

張り出したカリの部分、それを支えている竿の部分も十分すぎるほど、太く隆起した血管と大きく張り出した裏筋がその竿の部分の硬さを物語っていました。

そのコブラ男はビールを口にして、ゴクゴクと飲み干すときに視線を落とし、うっすら意識が戻った僕に気が付いたようです。

そして肉棒を僕に向かって誇らしげに見せつけながら、ソファーにしゃがみ込むようにして僕に近づき言いました。

「お目覚めですか?ははは!ボビーの薬は効くでしょ??これから、一日はゆっくり寝てないと抜けないんだよね…それっ!!」コブラ男はビールを飲みながら楽しそうに話しかけて来ました。

僕は声を出すことも出来ず、ただ彼の話を聞いていました。

「タクサンさぁ…黒人の事を馬鹿にしちゃダメだよ…黒人は、怒らせると…すげー怖いんだから…。」この男はボビーと違い、とても流暢な日本語を話していました。

後で聞いた話。

この若い黒人は貿易関係を経営する両親の都合で、東京で生まれ育ったそうです。

そして子供の頃から容易に想像することが出来る人種差別的な行為を受け続けて、それに対抗する為に、日本人に対して、あらゆる悪事を繰り返して来たそうです。

そんな息子を見かねた両親が知り合いであったボビーに頼み、人種に関係なく自立した仕事のできるモデルの仕事をさせ始めた、ジョージという名前の男でした。

魔裟斗似のこの黒人は、別の缶ビールのプルトップを開け、ベッドの上のボビーに目を向けました。

ボビーは腰のタオルを取り再び全裸になり、ベッドの上で仁王立ちになって、膝を曲げて高さを調整しながら両手を当てた腰を突きだすようにして、僕の彼女のそらに黒い肉棒をしゃぶらせていました。

ボビーも僕が意識を戻した事に気付いたようで、そらのシュートヘアを掴んで頬を窄めて必死にフェラしている、そらの顔をこちらに見せつけ「お前の彼女は…相変わらず、俺のモノだ」とでも言いたげに僕の目を睨んでいました。

そらは白いタンクトップから自慢のおっぱいをむき出しにしながら、必死にボビーの黒い肉棒に自分の小さな舌を這わせて刺激していました。

自分の顔より長い肉棒を唇を目一杯開いて口に含もうとしていました…。

「でも…俺は優しいから…安心してよ!!!ボビーと一緒になって、この女のおま○こをぶっ壊しちゃおう!!!!なぁ?んてことは…言わないからさ!!はははは!!」僕はぼんやりとした意識の中ででも…こいつらの事は絶対に許さないと心に決めました。

拳を握ろうとしても指が震えるだけで力を入れる事も出来ませんでした。

「でも…あんたの彼女って、ほんと可愛いよね、俺さぁ…日本人のくそ女って大嫌いなんだけど…あんたの彼女は良いよ!!!、惚れちゃいそうだよ!マジでさぁ!!!おっぱいでかいし、形も良いし…おま○こだってスゲー締まって、柔らかいし!!止められなくなっちゃうよ!!!ホントに!!俺にくれないかなぁ?あんたの彼女!!はははっ…!!!!」日本人離れしたスタイルと、町を歩いているとAV女優やモデル、キャバクラのスカウトを一日に何度も受けるような、ルックスのそらには、どんな男でも興味を示して当然でした…。

しかし、この2人の黒人達には…自分の大事な彼女を誉めらた所で、全く嬉しいとも光栄だとも思えず…一秒でも早く、この僕たちの部屋から出て行ってくれる事を祈るしかありませんでした。

この魔裟斗似の黒人は、ブルーの目で僕の事を見ながら、ビールを飲み干して言いました。

「でもね…一つ言いたいのは…俺がここに来たのは、あんたの彼女が俺を選んだからなんだよ…。だから、俺だけを恨まないでよ!!ははは!!ボビーが友達を呼ぶから選べって言って…彼女に他のヤツらの写真と一緒に全部見せたらしいんだけどさぁ…あんたの彼女がその中で、呼ぶんなら俺にしてって…一番カッコ良いからって言ったらしいんだよ!!!それで俺があんたの大事な大事な…彼女とヤレる権利をもらったんだよ!!…ははは!!!!!」その男はテーブルの上に1枚だけ残っていた、例の写真を手に取って僕の方に向けて見せました。

それはモノクロ写真で素肌に白いジャケットを着て、ポーズを決めるようにカメラを睨んでいる…紛れも無く僕の目の前にいる、この若い黒人モデルでした。

「…って事はだよ……もしかしたら、俺にもさぁ…あんたの彼女をおとす…チャンスもあるってことかもな???」その若い黒人は真剣な横顔でベッドの上にいる僕の彼女のそらの事を獲物を狙うコブラのような鋭い目つきで見つめていました。

「でも…自分の彼女が、ホンキで俺みたいな黒人に惚れちゃったら…どうするの!?ははは!!!ヤバいよね、気持ち的に……寝てる場合じゃないよ!!!!タクサン!!!! あんなに可愛い彼女を俺ら黒人野郎達に、好き勝手されちゃってさぁ…ホントは、俺たちの事をこの部屋から…叩き出したいんでしょ!?ははは…でも無理だよ!!!!ね、その様子じゃ…かわいそうに!!!はは。」

この魔裟斗似の黒人は、僕の左手を何度か掴み宙に持ち上げては…手を離しました。

その度に僕の手は力なくソファーの上にドスン、ドスンと落ちるだけでした。

しかし…確かにこの魔裟斗似の黒人が言うように、確実にそらの様子には変化が有る事に気がつきました。

いつの間にか、ボビーとのセックスで、そらの愛液のシミが着いたシーツは、新しい黒いシーツに変えられているのです。

この黒いシーツは僕が好きで…そらの身体が寄りいっそう白く、見えてエッチで良いよ?!!といつも言っていたモノでした。

また、そらは自分のお気に入りのパンティを身に着け、自慢のボディラインが強調される白のタイトなタンクトップを来ていたのです。

もっと、よく観察するとボビーと今日はじめて逢って、彼に抱かれていた先程までは、ナチュラルなメイクしかしていなかったのですが…今の、そらはブルーのアイラインと同じ色のマスカラを付けて、グラビアアイドルがするような…キュートなメイクをしていました。

可愛くないと似合わないショートヘアもドライヤーを使いブローしたように綺麗なまとまっていたのす…メイクを直して下着まで変えて準備をし、この魔裟斗似の若い黒人が部屋に来るのを待っていたのでしょう。

その時のそらの気持ちはどんなものだったのでしょか?この若い黒人モデルが早く来て、ボビーと同じように自分を激しく抱いてくれるのを待ち望んでいたのかもしれません。

これらの変化を見ても、モデルの写真の中から魔裟斗似の黒人を選んだのは、間違い無く彼女である事は事実のようです…そらは、この黒人に何かを期待していたのでしょうか??それともただ単に、気分を変える程度のモノだったのでしょうか??僕は魔裟斗似の黒人の話を聞き…今までに感じた事のない、強烈な嫉妬心をこの若い黒人に対して沸き上がって来たのを感じました。

ボビーはいかにも黒人のまんまという顔つきと、そらのタイプとは、ほど遠いと感じていましたが、この魔裟斗似の黒人のジョージは、どこか日本の今時の若者の空気を持っていたのです。

それが、そらの気持ちを変えさせたのでは無い事をだけを僕は祈っていました。

どこまでが本当の話しか分かりませんが、魔裟斗が話を続けました。

「あんたの彼女さぁ、はじめ逢って話しても、俺の顔をまともに見れないくらい緊張してさぁ…スゲー照れながら…写真より、ずっと格好いいって言って…メチャ恥ずかしがってたんだけど…俺も彼女のことをさぁ…俺のタイプだよ!!!とか…メチャ可愛い!!!!!俺と付き合ってよ!!!!とか言いながら、キスしたり…おっぱい舐めてやったらさぁ…もう!!スっゲーの…おま○こ…びちゃびちゃに濡らして!!!良い声出して鳴いてたよ!!!ははは…可愛い顔してるけど…あんたの彼女、結構スケベなんだね…ははは!!!」この魔裟斗似の黒人が言っている事は事実なのかも知れません。

彼は僕の事を挑発するかのように話を続けました。

「それで、あんたの彼女をさぁ、俺がクンニと指マンで一発イカしてやったらさぁ…お返しだって言って…商売おんなも顔負けの…スゲー気合いの入った、フェラとパイずりまでしてくれたよ!!彼女…」僕はボビーが薬を入れたビールを飲んだことを何度も後悔し、情けなく感じました。

この若い黒人に好き勝手な事を言われても…成すすべなく、心の中で怒りを爆発させるしか無かったのです。

「気合いいれて、フェラしながらぁ…あんたの彼女が俺に向かって、いっぱい出して!!!!って…おねだりするからさぁ…仕方なく口の中に、たっぷり出してやったんだよね…そしたら、彼女さぁ…どうしたと思う!?…俺は、何も頼んでもいないのに…自分から俺の精子を飲んじゃったよ!!!一滴残らずね!!ははは…初対面の女が自分から進んで飲んだのは…はじめてだったよ!!ははは…彼女、あんたのも滅多に飲まないらしいじゃん!!!でも、初めて逢った男なのにさぁ…俺の精子は飲んじゃうってことはさぁ…俺の事が、あんたの彼女にとって…なんか、重要な特別な男って事なんじゃないのかなぁ…!?はは…どう思う!?ははは…」この若い魔裟斗似の黒人にも殴りかかりたい心境でした。

しかし今の僕はしびれた頭と重い体で、ソファーから動けませんでした。

なおも魔裟斗似のジョージは、そらの身体について話し続けました。

「しかも、今の彼女…ボビーの薬が効いちゃって…メロメロになっちゃっただろ!?…あの薬、塗られちゃったんだって!?マジでやばい薬なんだよ?あの薬は…覚醒○とマリファ○の効果が一緒に出てくるらしいから…今のそらちゃんはさぁ…身体全身がオマ○コ!!って感じで、鳥肌が立つほど超敏感になっちゃってるんだよ…しかもさぁ…そのおま○こには、ペニスを入れておかないと…今の彼女には我慢出来ないんだよ!!女の狂わせる…怖い薬なんだよ…ははは!!!」

ジョージという男は、ゆっくりと日本語を使いこなし、動けない僕に説明しました…「この前も、あの薬を使っちゃった日本人の女の子が…10時間ずっとおま○こヤリっ放しだったよ…その女の子、後で聞いたら、おま○この中が、すり切れちゃったって…言ってたよ。その時は、俺らは4人で廻しちゃったんだけどね…ははは!!!!!」耳を塞ぎたくなるような話を僕にしながら「あんたは、そこでおとなしく見ててよ…俺がマジに、あんたの大事な彼女の事を…メチャクチャに狂わせちゃうからさぁ!!!じっとしてるんだよ…ははは。」

僕は、胸が締め付けられる感覚に襲われました。

魔裟斗似の黒人は、そう言って自分の股間に存在する誰が見ても巨大な肉棒を右手で握り、僕に向かって大きく上下に揺らして見せました。

そして、振り返り黒いシーツのダブルベッドの上でボビーの肉棒に舌を這わせて必死にフェラをしている、僕の彼女のそらに近づきました。

そらもジョージが近づいてくると、彼に視線を送り、見つめ合い微笑み合っているように見えてしまいました。

そして、魔裟斗似の黒人ジョージはベッドに上がり彼女の後ろから、彼女の身体を包むように足を投げ出して座り、背後から彼女の白い身体を抱きかかえるようにして、そらの両方の脇の下から両腕を前に回して…改めて胸の上まで捲られている白のタンクトップを彼女の86の美乳が強調されるように捲ると…あふれ出しそうな豊かなおっぱいを両手でゆっくり、やさしく5本の黒い指で、柔らかい膨らみ包み込むように揉み出しました。

全裸でなく捲られたタンクトップと膝まで下ろされたサテン地の黄色にパンティが、余計に彼女の身体をいやらしく見せていました。

ジョージはそらの首筋に、軽くキスをしながら…鎖骨を舐め、耳の中に舌を入れながら舐めると、そらの耳元で何か呟いているようです。

「3Pしたこと…あんの?」そらが微笑み、何度か首を左右に振ったり頷いていたりして楽しそうに笑っているのです。

僕は楽しそうに魔裟斗似のジョージと話している、そらを見ているのが心配で…また、とてもつらい心境になりました。

ジョージとは日本語のコミュニケーションが取れる分だけ…お互いの気持ちも早くうち解け合ってしまったのは、そらの楽しげな態度を見れば、十分理解できました。

自分より年も若い、ちょっと悪っぽい空気を持った、このイケメンの若い黒人とは、数時間前に逢ったばかりなのに…ずっと前からの友達のように、お互いを感じているように見えてしまいました。

僕にはそらを信じるしか無かったのです。

その間もそらは、自分の首を前後に動かしボビーの黒い亀頭部分を口に含んで…唇から出し入れを繰り返していました。

魔裟斗似のジョージは、そらの左腕を上に持ち上げ、その脇の下から頭を前に出すようにして、彼女の左の乳房の膨らみに舌を這わせました。

いやらしい黒人独特のリズムで動くジョージの長い舌で、舐められたそらの身体は彼の唾液で光っていました。

そして、乳輪を舌先でくすぐりながら乳首を口に含みました…「あぁぁ…」そらは身体を屈めて敏感に反応し、そらはボビーの肉棒から唇を離して、魔裟斗似のジョージの巧みな舌の動きに声を上げはじめました。

舌の先を尖らせて上下左右に激しく動かしながら、そらのピンクの乳首や乳輪を舐め続けたのです。

その間もジョージのカラコンを入れた青い目は、自分の責めに感じて甘い喘ぎ声を上げている、そらを表情をジッと獣のような鋭い目で見つめて言いました。

「可愛い乳首してるじゃん!!!おっぱいも敏感なんだ!?」そして彼は、反対の乳首を中指と親指でつまみ上げ、捻るようにつまみ上げていました。

「うん感じるのぉ…あん…気持ちいい?」そらも自分の乳首を舐め回るジョージのいやらしい動きを続ける舌を見つめながら言いました。

そらの身体を這い回る黒い腕がとても淫猥に見えました。

ボビーの黒い肉棒をしゃぶりながら、おっぱいを舐められているそらは、瞼をきつく閉じて感じていました…。

僕も知っている…そらが感じ初めているときの顔でした。

そして、魔裟斗似のジョージはそらのGカップのおっぱいの間に黒い大きな手を当てて言いました…。

「…スゲー、ドキドキしてるじゃん…興奮してんの??」そらの官能の扉がまた、黒人達によって開かれてしまったようです。

「あぁぁ!!!!…うん!!!!凄いドキドキてるよぉぉぉ?!!!こんなの…こんなのはじめてなんだもん…あぁぁんん」そらはジョージの青い目を見つめて言いました。

確かに…そらにとって3Pは初体験でした。

僕らはふざけてカップル喫茶に冷やかしに行き、相互鑑賞プレイは経験していました。

しかしその時も、カップル喫茶の店内にいる男性陣全員が、一際目を引く僕の彼女との行為を望んで、僕らの周りに集まりはじめましたが…そらは、僕の目の前で他の男に抱かれる事を拒み続けた為に、今まで同時に複数の男に責められるという経験は未知の体験でした。

近い方法として楽しんだのは、僕のモノをしゃぶらせながら…バイブをそらの膣に刺して遊んだ疑似的3Pくらいのモノでした。

それが……初体験の3Pが、いきなりこの黒人達2人を相手にして日本人とは比べ物にならない黒い肉棒2本で同時に責められようとしているのです…。

今まで体験したような事がない「3P」という未知の体験が、もうすぐ、目の前に迫りつつあるのです。

彼女は普段のセックスとは全く違う特別な興奮状態に陥っていたのでしょう。

「ダイジョウブ!!!ダイジョブ!!!」ボビーは、そらの頬を撫でながら言いました。

その言葉にそらも瞳を潤ませてボビーを見上げていました。

魔裟斗似のジョージは、ゆっくりと立ち上がると…そらの子供のような手首を掴み自分の股間に存在する黒い大きな肉棒を握らせました。

そらもその黒い肉棒を細い指で掴んで呟きました。

「ジョージ…凄い…大っきい…」そらは、すでにこの異様な雰囲気に陶酔しきっていました。

ジョージはそらの横に立ち、膝を曲げながら両手を腰に当てて、その腰を突き出すようにして…ボビーの反対側から、その大きな黒い肉棒をそらの口元に差し出しました。

そらも黒い肉棒から視線を上げて、ジョージの青い目を見つめていました。

そして、そらはゆっくりとピンク色の唇を開き、太く長い黒いジョージの肉棒の亀頭部分を口の中に含みました。

そして、唇を窄めて黒く大きく張った、黒い先端部分をゆっくり味わうように何度も頭をゆっくり前後に動かしながら口の中に出し入れをして、唇を離して舌の先を尖らせると…その大きな亀頭の周囲を舌先で時計回りに何度も舐め回してみせたのです。

そのまま、頭を傾けて舌で肉棒を持ち上げるようにして裏の筋に舌を何度も往復させながら舐め続けていました。

「ジョージ…気持ちいい!?ねぇ…感じる??」そらは、唇を離して黒い肉棒の竿の部分を右手を20cm以上スライドさせながら、上目遣いでジョージに問いかけました…。

「あぁ!!うまいよ!!しかも…スゲーエロくて…可愛い顔してるじゃん!!!!!!」ジョージは、そらの頭を撫でながら言いました。

そらは嬉しそうに首を傾げながら微笑むと、舌の先を尖らせて、ジョージのストローぐらい有りそうな尿道に差し込むように舐めていました。

「玉も舐めてよ!!ホラ!!」魔裟斗似のジョージは黒い肉棒を自分のヘソに付けるようにして持ち上げてると、引っ張り出されて来るように真っ黒な睾丸がむき出しになりました。

そらは、何もためらうことも無く、ジョージの大きな黒い睾丸を見つめゆっくり唇を寄せていきました。

そしてぶら下がっている黒い睾丸を口を開けてパクッ…と頬張るように口に入れて、何度もその行為を続けると…唇の間から小さなピンクの舌を差し出して、皺の寄った大きな睾丸に舌を這わせてソフトクリームでも舐めるようにペロペロと舐め始めたのです。

その間も左手では、自分の口元に突き出されているボビーの肉棒にも、ゆっくりした捻るように手コキのストロークで大きなスライドを続けていました。

とうとう、僕の彼女は2本の黒い腕のような肉棒を同時にしゃぶらせられてしまったのです。

しゃぶらせられているという表現は…正直間違いでした。

自らの意志で…しゃぶりついてしまっているのでした。

良くAVの中で見る、Wフェラというヤツです。

カップル喫茶でも複数プレイを拒んでいた可愛い彼女のそらが…そんな行為を僕の前でする所を見るとは思いませんでした。

しかし夢ではありませんでした。

現実に大きな黒い肌の大男2人の前に、立て膝になるようにして座っている彼女の口元にはお互いの黒い亀頭が密着しそうな程、近距離で黒い肉棒が左右から差し出されていたのです。

その自分の顔より長く、黒い塊を舐め続けている、そらの小さな舌のコントラストが異様なほど卑猥に僕の目に映りました。

その時…自分達の巨大な黒い肉棒や睾丸までも喜んで舐め、しゃぶりつづけている僕の彼女である、そらの事を見下ろしながら黒人2人は、目を合わせニヤニヤと笑っていました。

そらは必死にハーモニカを吹くようにジョージの黒い肉棒に唇を左右に動かし舐め続けながら、上目使いにジョージを見つめていました…。

魔裟斗似のジョージはそらに聞きました。

「2本も有って…嬉しいだろ??あんた…スケベだからなぁ…ははは」そらは頷き、潤んだ瞳でジョージに言いました。

「嬉しい…そらもいっぱい感じたい…」左右の肉棒に、素早い手コキを続けていました。

続けてジョージがそらに聞きました。

「俺のおちんちんの味はどう??好き??」そらも肉棒の先端を自分の舌で上下に弾くように舐めながら答えました。

「うん…おいしいよぉ…」そらはジョージの肉棒から唇を離して…言いました。

「俺が聞いてるのは…俺のチンポの味が…好きか?嫌いか??って事だよ!!!」そらは、右手でしごいているジョージの肉棒と自分を見下ろしている、彼の青い目を交互に何度も見ながら小さな呟くような声で言いました。

「すきだよ…ジョージの…おちんちん…」そう一言だけ言うとまた、ジョージの大きな亀頭部分を一生懸命、小さな口に含みました。
ジョージは満足そうに笑いながら、そらの頭を撫でていました。

ボビーはジョージの肉棒の先端部分を小さな口に入れている彼女に向かっていいました。

「ソラサン!!!ホラ!!コッチモ!!コッチモ!!」そして自分の黒い肉棒の根元の部分を掴んで、そらの左の頬を大きな肉棒でパシン!!パシン!!と叩きました。

「あぁぁ!!ボビー…待ってぇ…あぁぁ」その自分の腕より、はるかに太く長いその黒い肉棒を左右の両手に1本づつ握りながら、彼女は必死に黒人達に奉仕していたのです。

その、そらの様子を観察していると、この2本の肉棒がこのあと、自分自身の火照りきった身体に対して、どれだけの強い快感を与えてくれるのか…もっと強い…全身の毛穴が開くような快感を与えて欲しい…とでも願っているような表情に見えました。

ボビーの肉棒を舐めている時は、ジョージの肉棒を小さな手を大きくスライドさせ刺激を与え続け、ジョージの肉棒を舐めている時にはボビーの肉棒にも指先で愛撫をし続け肉棒が萎える事が無いように刺激し続けているようでした。

そらは口と両手を使いながら両方の肉棒を愛撫し、上目使いで二人の黒人の目を潤んだ瞳で交互に見つめていました…「もう、欲しいだろ??この黒いの??」ジョージは青い目でそらを見下ろしながら言いました。

そらもボビーの尿道口を舌で舐め上げながら激しく頷きながら「欲ししぃい…そらのおま○こに入れて欲しい…」そらは二人を見上げながら言いました…。

そらはもう僕の手の届かない所に行ってしまったような気になりました。

「ちゃんと…おねだりしないと!!!俺ら、黒人だから…日本語わかんないんだから!!!ははは…」ジョージが笑って、そらの顎をもって左右振りながら言いました。

「このおちん○んを、そらのおま○この中に…入れて下さい…。」2本肉棒に手コキしながら…そらは、恥ずかしそうに言いました。

「OK!!!!ほんじゃ?」…するとジョージは、ボビーに向かって握り拳を突き出しました。

ボビーも同じく握り拳を出し上下に振りながら、ジャンケンを始めたのです。

初めはパーであいこ…次はグーであいこ…次がジョージがパーで、ボビーがグーでした。

勝ったジョージは拳を突き上げガッツポーズをしていました。

ボビーは肩をすくめベッドから降りると、テーブルに戻りの缶ビールを飲見始めましたん。

そらは、そんなジョージに笑顔で見上げていました。

そして、ジョージはゆっくりとベッドに跪いきそらの目線まで降りてくると、彼女の唇に軽くキスをして、自分はベッドに横になりました。

「今度は、俺のだけ集中的に…しゃぶってよ!!!」そらもにっこりと笑いながら、横になったジョージの足元に近づいて彼の両足の間に身体を入れ正座をするような格好になり、ジョージが根元を掴んで差し出している、血管の浮き出た黒い肉棒を右手で掴みゆっくり大きく上下に手を滑らせて言いました。

「ジョージ…ホントに…おっきいねぇ!!先っぽも口に入らないもん…指も届かないし…おっきすぎだよ!!」そして、ゆっくり先端の部分だけを口に含みました。

「いっぱい堅くしないと!!!そらのおま○こに入れてやらないからなぁ?!!解ってる???」自分より年上の僕の彼女を呼び捨てにして、魔裟斗似のジョージは余裕の表情で、そらの頭を撫でながら言いました。

そらはジョージを上目使いで見つめて肉棒の亀頭部分を口に含んだまま、頷きました。

先程と変わったのは、2本有った肉棒が…1本になったことでした。

そしてその1本がイケメンの魔裟斗似のジョージのものであった為か、それとも、もうすぐ、このでかい肉棒が自分の中に入ってくる事が確実になった事で自然に力が入ったのか…そらの動きが見るからに先程より積極的になった事でした。

頭を上下左右に動かしながら、唇と舌を存分に使って、フェラテクを披露していました。

「おおおお…スゲー!!気持ちぃぃ!!!あっ!!!そこそこ…そうそう!!!あぁぁ上手いねぇぇ…そら!!!」魔裟斗似のジョージは、自分の股間で必死に肉棒をしゃぶり続けている、そらの顔を見ながら喜んで声を出していました。

「誰に仕込まれたの??そのテクは???そこで寝てる人???」そらは、一瞬ソファーの僕に視線を送りましたが、僕には視線を合わせず…ジョージの肉棒に目を落とし舌を使って裏筋を舐めまくっていました。

そして、肉棒から唇を離して右手のスライドを続けながら言いました。

「ねぇ…ジョージ…もう…もう凄く堅くなってるよ…ねぇ…入れてぇぇ…そらの中に…もう、我慢出来ない…」ジョージの青い目を見つめながら…彼に哀願していました。

するとジョージが突然、白い歯を見せて呆れた顔をしながら笑い叫びました。

「ヘイ!!ボビー、勝ったのは…俺だよ!!!順番守れよー!!」それはビールを飲んでいたはずのボビーがベッドを回り込み四つんばいで、ジョージの肉棒をくわえている、そらの下半身に近づきニヤついた顔を見せていたからです。

ボビーは手に例の誘淫クリームを持っていました。

「モチロン!!ソラサンヲ…キモチヨク…スルダケ!!」と言いながら、そらが四つんばいになり上げている形の良い白いお尻を自分の両手で左右に開くようにして、顔を近づけ割れ目をのぞき込んだボビーが言いました。

「モウ…ソラサン!!スゲー…ヌレチャッテルネ!!!」そらは、ジョージの肉棒を愛撫しているだけで、十分に性的興奮を感じていたのでしょう。

そして、そらは、その後眉を寄せて切なそうに声を上げました。

「あぁぁん!!!ダメダメッ!!ボビー?あぁぁ…ダメッ?!!!あっあっぁあ…」ボビーは、後ろから愛液で濡れている、そらの陰部を音を立てて舐めだしたのです。

「うぅぅん…あぁ…うーーん!!!」そらはジョージの肉棒をくわえながら…頭を左右に振って悶えはじめました。

ボビーは舌を使いやすいように首を左右に傾げながら、そらをクリや膣を舌を使って愛撫し続けています。

「そら!!!チンポしゃぶりながら…自分もしゃぶってもらえるんだぜ…3Pって…良いよな!?」ジョージが、彼女に向かっていいました。

そらも眉を寄せて、せっぱ詰まった表情で頷きながら「うん!うん!!!…あぁ…凄い…気持ちいい…気持ちいいぃぃぃ…あぁぁ…ダメッ」そして、ボビーは顔を上げてそらに言いました。

「ソラサンガ、カッコイイッテ…イッテタ…ジョージノヲ…シッカリシャブレヨ!!!」と話ながら、太い指に垂れるほどたっぷりと…例の強烈な効果の出る誘淫クリームを付けて、そらの膣にその指を差し込んだのです。

そして手首を左右に捻り膣内に塗り込んでいるようでした。

「あぁあ…ボビー…もう、舐められない…あぁぁ、もうだめだよっ…!!舐めていられないよぉぉ…あぁぁあん欲しい?お願いぃぃ…。」そらは、ジョージの肉棒を掴んで右手で大きく手コキを続けながら顎を上げボビーの指の動きに合わせて喘いでいました…。

そして…そらの腰も自分の意識とは関係なく指マンの動きを受けて円を描くように動き出していました。

「…えぇ!?そら!!!もっと頑張れよ…もう少しナメナメして、気持ちよくできたら…それを、思いっきりぶち込んでやるからさぁ!!!ほら…ここも舐めてよ…」ジョージは、そらの手から肉棒を離させると…自分の両足を腹筋を使って上半身に持ち上げると…両手で尻の割れ目を左右に開いて、自分の肛門を指さしながら言いました。

そらの目の前にはジョージの真っ黒い肛門が広がっていたのです。

彼女は両手をベッドに付いてボビーの指技で膣にたっぷり刺激を受け…上気した顔をジョージの股間に近づけていきました。

そして僕の大好きな、そらの唇が彼の黒い肛門にキスをしたのです。

そして小さな舌を出して初めは小さく肛門の皺をなぞるように動き、チロチロと舐めはじめたのです。

そのうち首を上下に動かし、ジョージの言うとおりに彼の肛門を舐め味あわせれてしまったのです。

「おっおおお?そら!!良いね?スゲー気持ちいい!!ははは!!そうそう…そら!!もっと…舌の先をさぁ…穴の中に突っ込んで!!!!」そらは、ボビーの指の攻撃に耐えながらも、ジョージの肛門を可愛い舌で舐め続けているのです。

ジョージの肛門がどんな臭いがしようが、味がしようが、今の彼女の意識では全く関係ないようでした。

自分の目の前にある、この黒人の信じられない程の巨大な肉棒を自分の膣の奥深くまで…一刻も早く納めるたい…。

そのことで頭も身体も一杯になっていたようです。

「あぁあぁ…はぁ…うーん…あぁあ」喘ぎ声をの合間に必死に自分の舌を延ばしジョージの指示を聞き、舌の先を彼の肛門に差し込んでいるようでした。

「おおお…そら!!!スゲー!!!そんなに入れちゃうの??…おお!!!そこまで…!?うわ?スゲー…気持ちいい!!もっと…やって!!!もっと!!やって!!!」ジョージはおむつを変える時のように自分の足を開き抱え込むような格好をしながら、そらの動きを見て喜んでいました。

そらは、必死でした。

舌をジョージの黒い肛門に、しかも彼本人が驚く深くまで差し込みながら…。

右手では、肉棒をしっかり掴んで大きく手コキをして彼を喜ばせようとしていました。

そらが全て自分の思い通りに性的興奮を高めていることに、ジョージはご機嫌になり声を上げていました。

「そら!!!俺のが、欲しい??それとも…俺とボビーは、帰るからさぁ…そこで寝てる彼氏を起こして…セックスしてもらうか???」頭だけを持ち上げて、自分の肛門を舐めている女に向かって言いました。

悪夢の3Pは続きます。

僕らの部屋のダブルベッドの上で、僕の大切な彼女のそらと黒人達2人の行為は、さらにエスカレートしていました。

白い服は女性自体を美しく見せるモノです。

そらの身体には今、その白いタンクトップが、この黒人達によって通常の形から変形し、大きく胸元まで捲られていました。

こぼれ落ちそうなおっぱいがむき出しにされていました。

彼女はブルーのアイラインに同じ色のマスカラで、誰が見てもキュートなグラビアクィーンの様な雰囲気を漂わせていました。

そして、ボビーの薬の効き目で動けずに、ソファーに寝かされている僕は、心の中で何度も「もう、勘弁してくれ!!!早く部屋から出て行ってくれ!!」と何度も何度も、この黒人達に叫びました。

しかし、一方で…もうここまで来ると、全てが遅いことも自分では理解していました。

逢ってから数時間の間に、この黒人達に自分達の部屋で良いように振る舞われて成す統べなくしている、自分自身が情けなく歯がゆいだけでした。

そして、ジョージという若いイケメンモデルの黒人は、ここにいる2人の日本人カップルが黒人に対する差別的発言をしていたことを、ボビーからしっかりと聞いていたようでした。

「そら!!!黒人の俺のが欲しいのか??それとも…俺とボビーは、帰るから…そこで寝てる彼氏を起こして…セックスしてもらうか???」魔裟斗似のイケメンのジョージは、ベッドから頭だけを持ち上げて、自分の黒い肛門にキスをしながら小さな舌を使ってそこを舐めている、僕の彼女のそらに向かって、流暢な日本語を使いながら言いました。

「ダメ?ッダメッ!!!もっと…してほしいのぉ…!!!」そらは白いタンクトップを首のすぐしたまで捲られて、誰もが羨むような86センチの美しい形のおっぱいをむき出しにされた状態のままで、首を大きく左右に振りながら…カラーコンタクトを入れてた、青い目で自分を見つめている、イケメン黒人に向かって叫びました…。

先程、ボビーによって彼女の膣に再び塗り直された、日本では効き目が強く売ることが出来ない程の誘淫クリームで、そらの身体は膣を中心に…再び全身が敏感に燃え上がり始めているのが十分に理解できました。

「黒人のでかちん、喜んでしゃぶっちゃってさぁ…彼氏は…放っておくの??ははは…タクちゃん…可愛そうだよ…ちいさいぽこちん!!おっ立てて、泣いてるぜ…」魔裟斗似のジョージは、ソファーで動けない僕の方に視線を送りながら言いました。

しかし、そらはコブラのTatooを背中一面に背負った男の股間で、大きく勃起し血管の浮き出ている真っ黒い肉棒に、自分の細い指で指先が回りきらない大きな輪を作り、それを大きく上下に動かしながら、肉棒の先端の大きな亀頭を自分の口に含んだのです。

そして頭を上下に動かし黒人の亀頭部分を口の中に何度もに出し入れしたのです。

そしてフェラ顔を自分より若いイケメンの黒人に見せつけながら言いました。

「あぁぁん…今は…無理だよ…あぁ…タクちゃんは…あんあん!!!…ジョージのが…あぁぁん!!!…ジョージの…これが欲しいのぉ!!あぁぁ!!!!」そらはダブルベッドで四つんばいになり腰を左右にくねらせながら、ボビーが背後から繰り出している、太い黒い指での指マンで迫り来る快感に必死に耐えながら言いました。

魔裟斗似のジョージは「でもさぁ、タクちゃん可愛そうだから…彼氏にも俺たちの楽しい3Pを近くで良く見せてやろうぜ!!!」と言いました。

すると…ジョージとボビーは、目で合図するように立ち上がり、ダブルベッドの上のそらを後ろから抱きかかえました。

ジョージはそれを見ながら言いました。

「黒人に…しかも2人の黒人野郎達に、自分の愛する、彼女が犯されると所を見たら、彼氏も涙流して悔しがるかもよ!!!!はははは」ボビーは彼女の膝の裏を持ち上げるように手を回して軽々と持ち上げると、そらを丁度、幼い女の子がおしっこをするような格好にさせました。

そして、そのまま黒い筋肉の盛り上がった太い腕で軽々と抱き上げ、僕がボビーの薬の効果で動けず横になっている、ソファーの方へ歩いてきました。

全裸で股間の肉棒を大きく勃起させた、大柄の黒人男2人とその黒人の腕で軽々と抱えられ、膝には黄色いパンティをぶら下げた僕の彼女が、自分の意志とは関係なく、ベッドルームからボビーに抱えられリビングへ連れて来られました。

彼女の性器はボビーの両腕によって無防備に開かれて、僕に向けて見せつけるように歩いてきました。

「いやぁ?ん!!!ボビー…いやぁ!!ダメッ!!」そらは、自分の太股くらいありそうな、ボビーの太く黒い腕に捕まりながら言いました。
そして…ボビーは僕の顔の上に、彼女の卑猥に濡れた割れ目を持って来たのです。

リビングのソファーと離れた距離のダブルベッドからでは、気が付かなかったのですが…そらの膣と大きく膨れたクリトリスがむき出しになり、そのピンクの割れ目は、僕が見たことが無いほど濡れていました。

そして、その部分は、いつ揃えたのかは解りませんでしたが…そらがアンダーヘアが切りそろえた上部とは違い、性器の周りも、綺麗に剃り落とされていたのです。

こっちも、そら自身がこの若いイケメンの黒人とのセックスを想定して、むだ毛の処理を施していたのでした。

この黒人のためにバスルームで、自分のアンダーヘアをそり落としていた、そらの姿を想像するのは…とても辛いことでした。

そのヘアが無くなり、むき出しになった僕の見慣れた彼女の膣も、この黒人達の巨大な2本の肉棒に寄って、普段より大きく口を開いているように感じました…。

そして、今までは感じなかった…そらの身体から発せられるメスの香りと、黒人達から発する雄の臭いを強く感じることになりました。

そらを抱えたボビーは彼女を後ろから抱き上げたまま、ソファーにゆっくり座りました。

自分の太股の上にそらの太股を乗せると、そのまま自分の股を左右に開いているために、彼女の濡れた陰部は大きく開ききったままになっていました。

そして、背後から彼女の顎を掴み、自分の方に彼女の顔を向かせると、大きな黒い両手でタンクトップを捲り直しながら、そらの形の良い美乳を包むように持ち上げながらゆっくり揉みはじめました。

そらのピンクの唇に自分の大きな舌を差し込み、彼女の薄い小さな舌と自分の分厚い舌を絡ませながら…ディープなキスを始めました。

その後からソファーに近づいて来たイケメンのジョージは、ソファーでキスを始めた2人を横目に見ながら、僕の顔をのぞき込み両肩を持ち上げ、ソファーの角の部分とクッションを起用に組み合わせて使い、僕が彼らの方に正面を向くように座らせ直したのです。

僕の目の前、しかも手の届きそうな距離で僕の彼女は、この黒人2人のおもちゃになろうとしていたのです。

「ここは、特等席だよ!!!タクさん…一緒に…盛り上がってよ。自分の女が黒人のデカちんで…悶えて喜んでる顔を見て…楽しんでよ!!ね!!!」そういうと、ジョージはウインクして、僕の胸を軽く2度叩いて振り向きました。

背中のコブラが僕のことをあざ笑っているように見えました…この黒人達をどうしてやるか…必死に考えました。

胸の奥で熱くこみ上げて来るモノがありました。

そしてイケメンの黒人は、ボビーに寄って左右に開かれた、そらの程良い肉付きの両足の間に座り言いました。

「そらの…おま○こ…丸見えだ!!!スゲー濡れ濡れだぜぇぇ?」その声を聞いたボビーは、大きな舌をそらと舌を絡めながら…さらに、彼女の両膝を左右に開かせ、ソファーの腰を浅く座り直しました。

丁度、ジョージの目の前に両足をM字に開かれた、そらの割れ目が露わになったのです。

「いやぁ…いやぁ?」そらは、自分の割れ目を、隠そうと両手を自分の股に持って来ました…すると、そのそらの両手をジョージがそれぞれを掴み、その左右の指先を彼女自身のクリトリスと膣に導きました。

そして青い目で彼女を見つめながら言いました。

「自分でしろよ!!!そら!!!俺たちの目の前でオナれ!!」ジョージは青く鋭い目つきと強い口調で僕の彼女に命令でもするかのように言いました。

「えっ??」そらは、驚いたように、イケメンの黒人に聞き返しました。

ジョージは、そらの指を掴んで、彼女自身のクリと膣を撫でるように動かしながら…言いました。

「自分で、こうやって弄って…オナニーして見せろ!!!って言ったんだよ!!」そらは、ジョージに寄って動かされている指で感じだしました。

「いやぁ?!!そんなの…あぁぁん!!」するとボビーが、両手で彼女の乳首を摘み86のおっぱいを揉みながら、そらの耳元で呟くように言いました。

「ジョージハ…ゼッタイ…ユルシテクレナイヨ!!!ハヤク、ヤッチャイナ…!!」そらはボビーの言葉に耳を傾けながらも「でも…それは…」そらは唇を噛みしめて泣きそうな顔で困惑していました。

「俺たちを…あんたのオナニーショーで盛り上げられたら…思う存分!!!おま○こしてやるよ…ホラ!!早く!!!いいから…オナれよ!!」年下のイケメン黒人は、そらの開かれた両方の内股を指先で撫でながら言いました。

その言葉を聞いて僕の彼女は…一瞬、目の前のイケメンの黒人と見つめ…動揺しながらも、この黒人達には言い訳は通じないと…決心したように自分の羞恥心と闘い躊躇いながらも、ゆっくりと目を閉じました…。

そして、両手で自分の局部を愛撫し始めてしまったのです。

ゆっくりと自分の好みのスピードで割れ目に指を這わせ始めました。

それを見たジョージとボビーは白い歯をむき出しにして笑いながら、振り返り二人で僕を見て笑い続けていました。

そらはゆっくりと確実に右手の中指で開ききった割れ目から、堅くむき出しになっているクリトリスを左右に弾くようにゆっくりと撫で、彼女の小さな左手では手のひらから溢れてしまう大きな右のおっぱいを揉みながら、人差し指と親指で乳首を摘んだり、ピンクのマニキュアを付けた爪で乳首の先端をひっかくように刺激していました。

「あぁぁ…うぅぅん…はぁぁぁ…」そらは自分の指の動きを早めだし、徐々に感じてきてしまったようです。

この部屋の男達の視線は、そらの割れ目で動き回る彼女自身の指に集中していました。

僕の彼女は、僕にしか見せた事のない…恥ずかしいはずの自慰行為を、さっき出会ったばかりの、この黒人達にまで見せてしまったのです。

僕だけの彼女のそらが…この黒人達に寄って…連れ去られていくような錯覚に陥りました。

今、手の届く、息も掛かりそうな距離にいる、そらがどんどん、僕から引き離されて行ってしまいそうなの気持ちでいっぱいだったのです。

しかし…当のそらは、僕のそんな気持ちとは裏腹に…自分の身体を自分自身で刺激し、その自分の感じている姿を、目の前の黒人に惜しげもなく見せ始めていたのです。

右手でクリを丸く撫でながら身体を振るわせ…「あぁぁんんん!!気持ちぃぃ!!!あぁぁっ…」小さな舌で上唇を舐めながら歓喜の声を上げ始めていました。

「ウマイネ…ソラサン!!イツモ…オナニー…シテルノ…??」ボビーは後ろから、そらの首筋を舐めながら耳元で言いました。

「いやぁ…してない!あぁぁん…」そらは首を左右に振りながら…必死に返事をしていました。

ジョージは、空いている彼女の左の乳首を口に含むと…そらに、僕とそらのセックスに付いての質問を始めたのです。

「彼氏とは…毎日、エッチしてんの!?」僕たち二人の関係に土足で踏み込んで来るような、質問でした。

「うん!!…はぁはぁ、ううん…あぁあ…ほとんど…してないよぉ、はぁはぁ…あぁぁあん」理由は、解りませんが…僕の彼女は黒人達に、嘘を付きました…。

そらと僕は、ほぼ毎日の様に愛し合いセックスを楽しんでいたのです。

昨日の夜も多少の嫉妬心とともに彼女を抱きクンニで喜ばせ、自分から腰を振り、何度も果てていた彼女が…。

「じゃぁ…あんた…欲求不満なんだ!?やりたくて、溜まんね?だろ!?」彼女の堅く立っている乳首を舌先で上下に弾きながらジョージは聞きました。

「うん!!…はぁはぁ…だから…いっぱい、あぁぁ…いっぱいしたいの…」そらは、黒人達に欲求不満の自分に同情させて、自分を何度も犯されることを計算していたのかもしれません。

小さく頷き自分の指の動きを早めながら…うっすらと明けた瞼で眉を寄せながら目の前にいるイケメンの黒人に向かって言いました。

「あぁ…だから、いっぱい…感じたいのぉぉ…」ジョージは、そらの乳首が上を向いている、大きなおっぱい全体を何度も舐め上げながら聞き返しました。

「彼氏の…下手なセックスじゃ…満足できねぇか??」そらは、必死に言葉選ぶようにして、必死に話を続けました…。

「うん…あぁあん…もっと…もっと…あああんん…感じたいのぉぉ?ああああ!!!」それは、僕自身が聞きたくない屈辱的な内容でした…。

「こんなに…続けて…あぁ…何回も…あぁぁ、イカされたこと…はじめて…あぁぁぁ…」なんで…そこまで嘘を付くんだ!?僕はそらの気持ちが理解出来ませんでした。

それとも今までの僕とのセックスで感じていたのは、目の前にいる、この女では無かったのか!?などと…痺れる頭の中で考えていました。

そして、そらは自慰行為に夢中になりながらもジョージとの会話を続けていました。

「じゃぁ…仕方ないよな!?タクちゃん!!!!彼女をほったらかしちゃ…男、失格だよ!!!」ジョージは、僕の方を振り向き言いました。

そして、ゆっくりと彼女の方へ向き直ると、うっすら開いた目で自分を見つめている、そらに言いました。

「愛する彼氏より…黒人野郎との下品なセックスの方が、感じるのか??ははは!!」その言葉を聞き、ソファーに座っていたボビーも、そらが弄っている右の乳首をしゃぶりつき、舌を使って舐めだしました。

両方の小さな乳首を黒人2人にしゃぶられ、僕の彼女は興奮しきっていました。

「うん!!!凄い…感じちうよぉ?…あぁぁん…ダメッ!!おっぱい…気持ちいい…ああ!!ボビー…ジョージ…あぁぁ気持ちいいよぉぉ…」そらは、薄目を明けて自分の両方の乳首に、しゃぶりつく黒人達の舌の動きを交互に見つめていました。

「3Pは癖になるんだぜぇ?そら…もう、あんたの身体は、俺たち無しじゃいられなくなるよ…ははは!!」確かに、そらは2人の黒人達に責められることに抵抗するどころか…自分から次々と官能の扉を開き、心の底から快感を貪ろうとしているように見えました。

「うん!!…あぁぁ…あぁぁん!!!気持ちいいよぉぉ…もう…ハマってる…あぁぁぁ!!!」二人の黒人は、お互いの自分達の舌を見ながら…動きをリンクさせるように、同時に同じ動きをさせて、そらの左右の乳首を責めていました。

そして、そらもその二人の舌の動きと合わせるように右手の中指を動かし続け自分のクリを刺激していました。

「気持ちよくなってきたかよ??そら!?どこが気持ちいいんだよ!?」ジョージは、そらの左の乳首を口に含み甘噛みしながら言いました。

「ああ!!!そらの…ああああん!!クリちゃん!!はぁはぁ…クリちゃんが気持ちいいの…あぁぁ」そして、そらは自分の身体を撫でるようにしながら、両手を自分の股間に持って行きました。

そして一段と大きな喘ぎを上げました。

感度が上がりきっている彼女は、自慰行為だけで果てようとしているかのように…自分の行為に没頭しはじめたのです。

「あっっ!!!はぁはぁあぁぁんん!!!あん!!!あんあん!!!!!!」右手でクリを上下に撫でながら…左手の中指を自分の愛液で溢れた膣の中に、滑り込ませたのです。

「はあぁぁん!!!!気持ちいぃぃぃ、うぅん!!!あぁぁあ…気持ちいい!!あぁ…あぁン!!あん!!!あぁぁあぁあ…気持ちいい?!!」ボビーが目を閉じて、自分だけで昇り詰めてようとしている、そらを現実に引き戻すように耳元で呟きました。

「ソラサンガ、カッコイイカラ…ヨンダ、ジョージノコトミナガラスルト…モット、カンジルヨ!!!」そらはゆっくりと瞼を開いて、目の前イケメンの黒人ジョージの顔を見つめながら…自分の膣に薬指を増やして2本の指で出し入れを続けていました。

「あっぁ…気持ちいい…はぁはぁ…もう…イッちゃうよ!!!あぁぁ…ねぇ?ジョージ!!!!そら…イッちゃうよ!!あぁぁん!!!」そらは、左手の2本の指で自分の膣の中をかき回すように動かしながら言いました。

そして、再び目をきつく閉じて、口をいやらしく開いて自分の膣の中に意識を集中しているようでした。

そして、腰を左右にくねらせながら自分自身の官能を高めて行っていました。

そして…登り詰める手前で、ゆっくりと目を開けてイケメンの黒人に向かって切羽詰まったように言いました。

「ジョージ…あぁん!!いいの!?イッちゃって!?あぁぁ…あぁぁイッちゃう…ジョージ!!ジョージ!!!!イッちゃうよ?!?」僕の彼女のそらは、自分が絶頂に達することを年下のイケメンの黒人に確認しているのです。

彼女自身の指の動きが徐々に激しさを増して来たとき…。

ジョージが、そらが膣に差し込んでいた、彼女のその中指と薬指を、自分の黒く長い中指を曲げて引っ張り、彼女の動きを止めさせて…言いました。

「そら!! 自分だけで盛り上がるなよ!!ははは…この2本の指はさぁ……誰のを想像して、おま○こに入れてたの!?」ジョージは…2本の指の動きを止められて、一瞬動きを止めて驚きながら瞼を開き潤んだ瞳で、自分を見つめている、そらに向かって言いました。

「誰かの…ちんちんを想像して…指を突っ込んでたんだろ!?」そらは…息を切らせながら、ジョージを見つめていました。

「そこに座ってる…あんたの愛する彼氏のか!?」ジョージは、薄ら笑いを浮かべながら僕の方に顎で指して言いました。

「はぁはぁ…ちがうぅぅ……はぁはぁ…」そらは僕の目を見つめながら、首を左右に振りながら言いました。

僕には、目の前で起こっている光景をジッと見ていることしか出来なかったのです。

「あっはははは!!タクちゃんが、可哀相だぜ…!!自分の彼女に振られちゃってさぁ…ははは。」ジョージは、そらの目の前に自分の顔を近づけて、息が掛かるくらいに顔を接近させて…「じゃぁ…そらは、誰のちんちんを…想像して、オナってたんだよ??」ジョージは目の前の、そらを見つめながら言いました。

すると、そらは全くためらう事も無く、そのイケメンの黒人に向かって言いました。

「……ジョージの……ジョージのおちんちんを…!!!思い浮かべて…感じてたのぉ…ジョージの…おっきい…おちんちん…想像してたの…」イケメンの黒人は、ゆっくりと体勢を後ろに戻しながら鼻で笑っていました。

「ジャァ…ジョージニ、オネダリシナ!!」ボビーは、そらの身体を持ち上げ、自分の身体から下ろして彼女をソファーに浅く座らせ直しました…。

それでも、両足はM字に大きく開かれたままでした。

今…その両足は、そらの意志で目の前の若い黒人の為に左右に大きく開かれているようでした…。

「ジョージニ、ヤラレタインダロ???」ボビーが、僕の彼女の心を見透かすように、そらの耳元で言いました。

そらはジョージの青い瞳を見つめながら下唇を噛みしめ、ボビーの言葉に応えるように…ゆっくり大きく頷いたのです。

それを見た魔裟斗似のイケメンのジョージは、僕の彼女の小さな白い身体に覆い被さるようにして、上半身を倒してソファーの上で股を開いている、そらの唇に自分の唇を押し当てキスを始めました。

そらも、彼の首に自然に両腕を回して動きに答えていました。

それは…愛し合う恋人同士が交わしていると錯覚するような、自然な雰囲気でありながら…舌だけはお互いの気持ちを激しく求め合う別の生き物のように、激しく上下左右に動きまわり絡み合いながらの激しいキスでした…お互いの気分を高める為にしているようなディープなキスをしながら、ジョージは僕の彼女の左のおっぱいを黒い大きな手で揉みながら卑猥な何とも言えない微笑みを浮かべながら言いました。

「…あんたとオマ○コしてやるけどさぁ…!!!……俺のちんちんのこと…あんた…一生、忘れられなくなるよ…それでも良いのかよ!?」そらは、イケメンの黒人の太い首に両腕を回すように抱きついていた、顔を離すとジョージの青い目をしばらくジ?ッと見つめながら、一回だけ大きく頷きました。

そしてイケメンのジョージの黒い肌の胸に彫られているサソリのTatooに唇を押しつけながら呟くように言いました。

「もう…もう遅いよぉ…ジョージ…」それを聞いた若い黒人ジョージは、自分の胸に舌を這わせている、そらを見下ろしながら聞き返しました。

「はぁ…!?何が…遅いんだよ!?」すると、そらは彼の黒い肌とピアスを入れられた、ジョージの左の乳首を舐めながらいいました。

「だって……さっきのエッチで…もう…忘れられなく…なっちゃったから…」僕は耳を塞ぎたくなりました。

そんな僕の心境とは別に、彼女のそらは、何とも言えない微笑みを浮かべながら、ジョージに自分の顔を向けるように見上げて言いました。

その笑顔は、彼女自身は気付いていないのですが、どんな男でも引きつけることが出来る、彼女の最大のチャームポイントだったのです。

そして、彼女自身も気に入っていた、ブルーのアイラインとマスカラを付けていることで、より一層キュートな女の子に見えていたのです。

すると、その若いイケメンモデルのジョージも、グラビアアイドル顔負けスタイルとキュートな顔立ちで微笑みを放つ、僕の彼女の魅力に引き寄せられたように、またしても…そらの唇に…自分の舌を差し込み、彼女の舌を引きずり出すように絡めながら聞きました。

「はは…何を!?忘れられないんだよ!?あんたの愛する彼氏に向かって言ってやれよ!!」ジョージはニヤニヤしながら聞き返しました。

すると、そらは首をゆっくり捻り、僕のことを見つめ潤んだ瞳で、何かに取り憑かれたような上気した顔で言いました。

「タクちゃん…もう…忘れられないのぉ…ジョージのおっきい…おちんちん……。すごかったんだもん……。」そらは自分の右手人差し指を噛みながら彼氏である僕に言いました。

でも、僕はどうすることも出来ず、ジッと彼女を見つめることしか出来ませんでした。

「でも、毎日、おま○こしてくれない…彼氏がが悪いんだよな!?」ジョージは、そらが付いた嘘を真に受けているようでした。

こんな可愛い彼女をほったらかす男がいると思っていたのでしょうか??しかし、まんまと、そらはイケメンの黒人の同情を買うことに成功したのです。

「言ってやれよ!!私を抱かない、あんたが悪いんだって!!」そらは、僕の目を見ずにジョージに言いました。

「もう…いいの…ジョージ…いいのぉ…」そらは、済まなそうに一瞬僕を見ましたがそれで終わりでした。

そらに何を伝えようとしてもそれが出来ずに…悲しい気持ちになっていました。

そして、これから目の前で起こることも見ていることしか出来なかったのです。

ジョージが言ったように、ボビーの薬は僕の身体の中で十分に効果を発揮し続けており、全身は痺れて当分動くことは出来そうにありませんでした。

すると…ジョージは、僕の方を向いているそらの顎を正面に戻して自分の方を向かせて言いました。

「今は、おれが、あんたを構ってくれない彼氏の代わりに…天国に連れていってやるから!!!俺のことを彼氏だと思って…おま○こしろよ!!!」この黒人は勝手な解釈をして、そらの気持ちを自分に向けさせようとしているようでした。

そんなに簡単に人の心を動かすことは出来ないと…僕はそらを信じました。

しかし、目の前では欲情しきってしまった、僕の彼女がイケメン黒人モデルの黒い肌に舌を這わせて黒い乳首を、自分の小さな舌を目一杯使って舐め続けていました。

そしてジョージの言葉を聞いていた、ぼくの彼女は何度か頷きながら…信じられないことを言い出しました。

「うん…今だけは…ジョージのことを…好きになる……。」そのそらの言葉が、僕の胸に突き刺さりました…。

相変わらず上目使いで、若い黒人の反応を確認するかのように表情を見ながら彼の肌に舌を這わせている彼女を見ていると…それは、普段僕に対してする愛情のある愛撫と全く同じ行為でした。

その彼女の行為を見ていると…そらの気持ちを、このイケメンモデルに寄って動かされることも覚悟している自分もいました。

そして、そらは、彼のサソリのTatooの部分を舐めながら…なおも言い続けたのです。

「だから………ジョージも…今だけは、そらのことを…好きになって……。」その言葉を聞き、ソファーの反対側で二人の行動を見ていたボビーが、僕がどんな反応をしているかを確認するように、こちらを見ました。

しかし、僕は何も反応出来ませんでした。

すでに僕は何を信用して良いのか解らなくなっていました。

そしてイケメンの黒人モデルは満足そうな顔をして、そらのことを見つめていました。

ボビーはここまで計算していたのでしょうか??自分たちに差別的な行為や発言をした、黄色い肌のカップルの関係をぶち壊す為に、このイケメンの黒人モデルを使ったのでしょうか??それが計算だったら…狙い通りだったのかも知れません。

その黒人ジョージは、そらのM字に開いた両足の間にゆっくりと自分の下半身を入れていきました。

「じゃぁ…今は、このそらのおま○こは、俺のもんってことだよな!!俺のちんちんも…今は、あんただけのもんで良いよ!!!」ジョージは、子供っぽいことを言いながら、やさしく、そらの頬を撫でました。

そらは、そんなジョージをソファーから笑いながら見つめ続けていました。

ジョージは、そらのM字に開いた股間を青い目で…じっくり見つめながら言いました。

「ははは!!もう…グチョグチョ!!…おれのおま○こがやりたくて…ヨダレたらしてるよ!!」と言いました。

それを聞いたそらも笑いだし、「いや…ジョージ…。」僕の彼女とイケメン黒人のジョージは、前から付き合っている、とて
も仲の良いカップルの雰囲気になっていました。

僕はこのまま、また気を失いたい気持ちでいっぱいでした。

もう見たくない、彼女がこの黒人に抱かれているところは見たくない…その気持ちでいっぱいでした。

そして、ジョージは黒い大きな右手の中指を、そらの開いたピンク色の膣の中に、何の遠慮もなく差し込みました。

「あああああっっっっ!!!!」そらは、急に襲ってきた膣からの強い刺激に、口を大きく開き顎を突き上げて叫びました。

そして…ジョージは、そらの膣の中に容赦なく、その中指を抜き差しを始めました。

「あぁぁ…いやぁ?ジョージ!!!!ジョージのおま○こがイッちゃう!!あぁあ?ん!!!ダメッダメッ!!!イッちゃうから!!!!あぁぁぁ!!!!」そらは、その指の動きに敏感に反応しジョージの青い目を見つめて言いました。

「イケよ!!!そら!!俺の指マンで!!!!イッちゃえよ!!!オラオラ!!!オラ!!!」ジョージは、中指に薬指までも加え激しく膣への指マンを繰り出しました。

「いやぁ!!!いやぁぁぁ!!!ジョージの…が!!!あぁぁぁ…ジョージのおちんちんが欲しいのぉぉ!!!ダメ??ッ!!!イッちゃうから!!!!!」そらは、自分の両手を股に持っていき、激しく動くジョージの手首を掴みに掛かりました。

「そらはさぁ…すぐイクからさぁ…まずは、指マンでイカせてから、そらの為のちんちん…突っ込んでやるよ!!!な!?」ジョージは、手のひらを上に向けるようにして、まったく遠慮なしに僕が大切に扱っていた、彼女の膣に太い黒い指を突き刺し、その指を膣の中をかき回していたのです。

「あぁぁ!!!ダメッ!!!ダメッ!!!!!!ホントに!!!!あぁぁーーーーっ!!!ジョージのおま○こが…イクッ!!!!」そらは、登り詰める直前でした。

身体が小刻みに振るわせ絶頂への準備をしているようでした。

すると、ジョージは、膣から指を抜き去りました。

そして、その右手を自分の肉棒に戻して大きく上下にスライドするように擦り…その根元を持ち彼女に見せつけるようにして、そらに向かって言いました…。

「これが、欲しいんだろ!?…今は、これはあんたのもんだよ!!!この濡れ濡れのおま○こに…ぶち込んでって…お願いしろよ!!」そ
して、自分の重量感たっぷりの真っ黒い肉棒の裏を、今後はそらの敏感になって、疼いているクリトリスに擦りつけ始めました…。

「はぁはぁ…あぁぁん!!いやぁ?ジョージの!!おちん○んを…あぁぁ!!そらの…そらの濡れたあぁぁあぁ…おま○こに!!!ああ…突っ込んで!!!お願いぃぃ…」そらは…眉間に皺を寄せて…クリから全身に伝わる重い肉棒の刺激に耐え…年下のイケメンの黒人の青い目を見つめて叫びました。

「可愛くて…スケベなおま○こだなぁ…俺は、そんなあんたが好きなんだよ!!」そう言った黒人は両膝をフローリングに引かれたカーペットの上に着いて、自分の腰の高さを調節しながら、血管の浮き出た真っ黒い巨大な肉棒をそらの割れ目に近づけました。

そして右手でその巨大な黒い肉棒を掴み亀頭部分を、そらの割れ目のピンク色に濡れ光った膣の入り口にゆっくりと宛ったのです。

そして両手でゆっくり、そらの左右の膝をそれぞれ掴みながら…ニヤついた顔で彼女の顔をのぞき込みました。

そして、「また、あんたは…自分から望んで、黒人と…おま○こしちゃうんだね!!!!!」そらは口を半開きにしながら…ジョージの青い目を見つめて頷きました。

「今は…ジョージのことが…好きなのぉぉ…今は…ジョージのおちんちんが…好きなのぉぉ…」お互いの感情を口に出しながら、二人は盛り上がっていました。

「今だけ…今だけ…」動けない僕に取っては、その言葉だけが救いだったのです。

もうすぐ終わる…今だけだ…悪夢は終わる…。

そらは自分の小さなピンク色の膣に宛われた、イケメン黒人の大きな黒い亀頭の圧力を感じて…呟くように言いました…。

一見すると、そらの、その小さな膣の中には、宛われている黒人の真っ黒い肉棒を入れることは難しいのでは無いかと思えるほどの大きさの違いがあるのです。

小さく口を開けている、そらの膣に対して、5倍はあるような黒い亀頭部分に、竿の部分は500mlのミネラルウォーターのペットボトルの様な太さがある黒い肉棒だったのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする