卒業旅行のバリで初めて外国人のデカチンを体験した【女子大生】

この春、卒業旅行で初外人経験をしました。

この春、友人と卒業旅行と言うことで友人の良美とバリ島に旅行に行きました。

バリ島は常夏の狭い島で、一年中泳げます。

私たちも大胆な水着を付けて毎日ショッピング+ビーチで昼寝でした。

春休みは会社は休みでないため、年輩のツアー客と学生ぐらいしか日本人は見あたりません。

バリに来て3日目、2人でホテルのビーチで昼寝をしながらおしゃべりをしていたところ、現地の若者がジュースを持ってきて話しかけてきました。

2人ともすっごく若く(17、8ぐらいでしょう)、日焼けした顔は日本人とは違いハンサムです。

一人は黒人の血があるようで顔の骨格がアジア系ではありません。

二人ともすっごくスリムで手足が長く、日本人とは全然違いますし、目も二重でパッチリ。

本当にさわやかな感じです(ちょうど中年の脂親父の逆ですね)初めはホテルのボーイかと思って、ジュース代を払おうとしたのですが、彼らは片言の日本語で「ボクタヲカワナイ?イッカイ5センエンデス」私たちはびっくりして顔を見合わせましたが、リゾラバ、ロコボーイ、ワンナイトジゴロなど呼ばれる彼らの存在は知っていました。

また「もしナンパされたらガイド代わりに使ってやろう。だから必ず食いつこう!」と二人で決めていました。

私は自分でもあんまりかわいい方とは思っておらず、ナンパもされたことはありません。

「旅の恥はかきすて」とも言いますし、あまりじらしても何のメリットもないので(プレゼントをくれるわけでなし…)ナンパ慣れしている良美と少し話し合って「行こっか!」となりました。

彼らは英語はしゃべれたので私たちも片言の英語で話をし、私たちの部屋に行くこと、日本円で払うことを決めました。

ホテルのビーチ側入り口からはカウンターを通らずに部屋に行けます。

水着のまま私たちの部屋にみんなではいると、良美はシャワーを浴び始めました。

黒人系の男の子ダグラスはシャワールームへ、もう一人の色が白く顔の小さいかわいい系の子カリーン君が私に付きました。

カリーンは水着の上から胸をタッチしはじめました。

私は彼以外との経験は初めてで、もう胸はドキドキの興奮状態です。

カリーン君は片言の日本語で「キレイデス、スキデス」とささやきながら水着を脱がされ、本格的に愛撫され始めました。

シャワールームからは良美の大きな嬌声が聞こえます。

カリーンは海パンを脱ぐと、ものすごく長いアレが出てきました。

太さは彼ぐらいなのですが長い!カリーンはそれを使って愛撫を始めました。

シャワールームからかすかに喘ぎ声が聞こえてきました。

彼は商売にするだけあってかなり巧く、指でアソコの愛撫でまるで魔法のように私のアソコは濡れました。

また直接的な言葉「キモチイイデスカ、イイデスカ?」と訪ねられ、モデルのようなきれいな顔をしている男の子にされている自分がうれしく、指だけでイッてしまいました。

良美はシャワーから出てくるとダグラス君と二人で絡み出しました。

彼女の白い肌はまだ十分に日焼けしておらず、男の子の黒い肌と対照的です。

そしてダグラスのアレを見てびっくり、ものすごく大きいものでした。

長さではなく太さがすごく細身の缶ジュースくらいのものです。

黒人のものは大きいとは聞いていましたが、日本人のものとは比べものになりません。

良美はそれを握りしごいています。

体がスリムなだけその大きさは実物以上に見え、先はびっくりするくらいきれいなピンク色でした。

カリーンが私の中に入ってきました。

本当は中に出して欲しかったのですが妊娠したら困るので夢中で「外に、外に出して!」と言いました。

頭がパニクってたので英語で言えずどうしようかと思ったのですが、私のアソコがキューっとなって行った直後に彼はアレを抜いて私のおなかの上に出しました。

外国人でもその液のにおいは同じでした。

グッタリして横を見ると、良美の中にあのダグラスの大きなものが入っていきます。

さすがに狭く、良美はうめきながらいやがっていましたがグングン突いているうちに根本まで入りました。

良美は半狂乱で彼の体にしがみつき、何度も行ったようです。

最後は彼も良美の腹に出しました。

体は黒くても出したものは真っ白でした。

良美のアソコからは血が出ており、シーツにシミができていました。

私はシャワーでカリーン君のものを洗い部屋に戻りました。

変わって男の子たちがシャワーを浴び、最後に股を痛そうにした良美が体を洗いました。

しかしこれだけで終わるはずが無く、今度は相手を交換です。

ダグ君のアソコでは私は壊れそうなのでイヤだったのですが、黒人系とするチャンスは今後来ないかもしれないので自慢のために開始しました。

男の子たちは窓のカーテンを開け、外が見えるようにしました。

窓からは先ほどのビーチが見えます。

全裸の私を窓辺に立たせて後ろからダグ君が愛撫。

21階なので見つかるはずはないのですが、むちゃくちゃ興奮しました。

窓にもたれて彼のアソコをしゃぶりましたが、当然含むなんてことはできず、しゃぶるだけです。

これでわかったのは「黒人のアソコは大きいけど固くない」ということ。

日本の彼の半立ちぐらいの堅さで(曲げられるくらい)皮も余っています。

しかしその太さは半端ではなく、片手の指で余るぐらい。

先なんかテカテカのピンクで皮を剥いた小さな桃みたいでした。

こんなものが入るのか不安でした。

私は立ち上がって窓に手を突き、お尻を突き出しました。

ダグは私のアソコを大きな舌でなめ回しています。

良美はカリーン君のものをフェラしています。

そしてバックからダグ君の太いものが…以外とすんなりと入ったのですが、その挿入感は日本の彼とは比較にならないくらいでした。

彼は入れたものをこねくり回す(イヤらしい表現ですね)のではなく、抜き差し運動であり、それも完全に抜いて奥まで挿すので、その喪失感と挿入感のギャップはすさまじく、肺から空気を押し抜かされるような感じ。

私も知ってる英語で「カミング、カミング!」と叫び、またアソコがキューッとなる感じでいきました。

彼は結局自分でしごいて私の背中に出しました。

良美は体を半分に折り畳まれるような感じで犯されていました。

結局3時間で2回犯されました。

もう股がおかしくなり歩くのも一苦労。

良美も処女喪失以来の痛さと言ってました。

膣も広がってしまったようでちょっとの間尿漏れがありました。

次の日にショッピングにいくためフロントに行くと、窓からダグラス君とカリーン君がビーチで女性をナンパしていました。

私たちはもうおなかいっぱいだったので声をかけることはしませんでした。

彼らは白人のちょっと年輩の人に2人でアプローチしています。

その人はカリーン君とともにどこかに行きました。

彼女も数時間後は彼の体液まみれになるかと思うとちょっと嫉妬しました。