会社の後輩の嫁さんを自慢の巨根で寝取ったら嫁さん大喜び「こんな気持ち良いの初めて・・・!」

先日、会社の後輩の家に泊まった時に、入浴後の着替え中に後輩のカミさんが誤ってドアを開けてしまい私の裸体を正面から見られた。
彼女は小さい声で「ごめんなさい」と言ってドアを閉めたが、私はその時、彼女の目線が私の股間を凝視していたのを、見過ごしませんでした。

後輩が風呂に入っている時に、彼女が気まずそうにしていたので、「どうだった、俺の竿?」彼女は顔を赤らめて小声で、「大きかった」(酒も手伝って非常にヨロシイ回答です)「あの時はもっとデカくなるよ」「えっ・・・」「俺とやった女は、奥までしっかり入ると言っているよ」「・・・」「今度、試してみる?」「いいの?」「もちろん、安全日に生で中出しだよ」「エッチ・・・」「じゃあ、その日になったら連絡して」その日は、その後何も無かった様にお泊りしました。
数日して、連絡が有りました。
「今度の土曜日、主人はゴルフコンペで朝からいません」20代後半の、ちょっと小太りの、子供のいない、かわいい人妻の待つ家に行きました。
玄関でいきなりキス、スカートをめくり、パンティの上から土手を触ると、充分湿っているのが判ります。

「早く、入れたいな」「うん」彼女に布団をしかせている内に、もうやりたくなり、彼女に「たっぷり中出しするから、バスタオル敷いてね」と言うと、顔を赤らめて敷いています。
たまらなくなってスカートをめくり、パンティを脱がし、着衣挿入です。
たっぷり淫汁が出ていましたので、簡単にラビアを掻き分けて、締りの良い膣壁をかき回しながら、エロ会話をします。

「昨日の夜はダンナとやったの?」「ゴルフで朝早いから、一人で勝手に寝ちゃった」「いきなり入れたので、まだ濡れていない、きれいなマンコ見れなかった」「いゃっ、そんな事、言わないで・・・」「ダンナとは、こんな話しないの?」「しない。私の事、真面目な女って思っているみたい」「いつもエッチしたい女なんだ」「うんっ、したい」「どお?俺の竿」「あなたの言ったとおり、大きい・・・もっと、頂戴」「たっぷりと、マンコの中に、精液を入れるからね」彼女は、エロ会話どころでは無くなった様で、「スゴイ、スゴイ」「こんな気持ち良いの初めて」「イクッ、イクッ」その内私の言葉を真似て、「竿が奥に当たってイイッ」「オマンコが気持ち良い」を発します。
その内、「アッ、アッ、アッ」と言って、白目を出して、痙攣して果てました。

少し意識が戻った頃にまだ奥深くしっかりと刺さっている竿を再度動かします。
この頃の膣は、もうただ精子が欲しいだけの怪しい動きをしています。
「まだオマンコが痺れている・・・スゴイッ・・・気持ち良い・・・またイキそう・・」盛んに腰を振ります。

「いいマンコだよ、竿を放さないよ、いやらしく動いて男汁を絞りとろうとするね、何回もヤリたくなるマンコだよ」「あなたの竿がステキなのよ、何回もヤッテ・・・」そして、また意識がなくなり始めた彼女の膣の中に、約束通り生で中出しで、男汁をたっぷりと子宮に向かって出しました。
彼女は、再びトリップ状態で痙攣して果てました。
中出しはやっぱり気持ちが良い事もあり、たくさん出ます。

その後、一旦風呂でシャワーを浴びて、洗ったばかりのマンコを拝みました。
すると、彼女は私にまたがって69になり竿を口に含んだり、しごいたりして観察しています。
「どお?俺の竿」「大きい・・・初めて・・・太くて、長くて、硬いの・・・奥まで入っているのが判るの・・・」「君のマンコが良いからだよ。竿を放さない動きが良いよ。天井もカリを刺激してすぐ射精しちゃうよ」再び、生殖活動の再開です。

抜かずの3発やあらゆる体位を楽しみ、結局、お互い腰が抜けるほど、夕方までハメまくりました。
彼女の「また、入れて」に対して了解の挨拶で家に帰りました。
いやぁ、いいマンコに出会えた。
間違って孕ませないように注意しないといけないな。
あの膣壁の感じと天井のザラツキは今までの中でも5本指に入る名器だと自分で納得しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする